めりでめ

ネイル、ジェルネイルのトラブル、爪の健康管理は?


スポンサーリンク

今や日本でもネイルをする女性が多いですが長期間、ネイルをする場合は気をつけたいことがあります。

有名なところでは、
①接着剤などで元々の爪を痛める
②長い爪の間に(有害な)細菌が繁殖しやすい
05e80317d0780a186cd72ae7f1e8e2df_sというリスクがあります。
見た目はとてもきれいでも、私のようなオジサンの爪や指の方が(有害な)細菌数は少ないということになるようです。

当然女子アナとか女優さんも同じです。。

実は他に、長期間続けると、
① 指の使い方がおかしくなる。
爪が長かったり、ペイントや装飾がはがれるのを気にして手の指の本来の動きができなくなります。

② ①に関連して、前腕の筋肉の退縮やコリにつながりそれが頭痛など不定愁訴につながる。
意識(心)では綺麗なネイルに満足しても、カラダは不自然な動きにストレスを感じているようです。

③ ①②に関連して脳の働きにも影響がある。
よくおばあちゃん(高齢者のみなさん)がボケ防止に手の体操を実践されていますが、ネイルをしていると前述したように逆に手指の動きが悪くなり、脳の働きの悪化や(頭が悪くなる?)イライラなどのストレス感の増幅につながります。

④ 実は男性はネイル女子はあまり好きではない!
自分のおしゃれと男性の目は関係ないという方には余計なお世話な意見ですが、男性は基本マザコン気味です。料理・家事上手なあったかいお母さん像を追いかけます。

じゃあどうしたらいいの!!!

① いつもネイルしない(笑)
当たり前ですね。。
健康上(一時的な精神衛生上は除く)いいことは無いので、パーティなどおしゃれに気合が必要な時だけ利用する!
用がすんだらすぐ元に戻す(推奨)
常に~でいなければいけないと思うのは日本人の悪い癖です。

②爪は長くしない。艶出しくらいでガマンする。
なんでもヤリスギはよくありません。
繰り返しますが、手指や爪は大切な道具ですので、わざわざ不便にしては罰があたります。
少しだけ色を付けるか、磨くくらいで十分です。

ファッションの自由度が高い(多様性がある)のはその国の社会が平和な証拠ですが、副作用もあるわけです。健康と美容は本来完全に相関関係ですが、おしゃれやファッション業界は暴走気味です。

ファッション業界はゲイの方も多いので、女性のココロは解っても、女性の身体や健康は意識できないからかもしれません(身体は男ですから。)

ハイヒールやつけまつげ、ブラジャーや長髪(笑)にも副作用(デメリット)はあります。

1917
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top