めりでめ

頭痛、女性に多い偏頭痛の原因は?靴や服装も原因?


スポンサーリンク

偏頭痛、頭痛の原因、対策など紹介してきましたが、 今回はファッション、おしゃれについてのお話です。

女性は男性よりも、おしゃれの幅が広く、 髪型、服装、装飾品、靴など、色・形状も様々です。

ただ、健康ということを考えると「やりすぎ」ている 場合が多くなっているようです。

おしゃれは個人の自由・楽しみですが、 デメリットは覚えていたほうがいいでしょう。 副作用を覚えておかないと体調不良に悩んだときに、 改善することができません。

それでは、身体の負担(害)が多い順にあげていきます。 ※あくまで私個人の感想です。

第一位 女性用の靴(ハイヒール、脚先が狭いもの)

外反母趾や魚の目、巻き爪などの発生は女性が圧倒的に 多いです。海外の女性の足は診たことはありませんが、 日本で販売している靴(女性モノ)はヒールの有る無しに かかわらず、女子の足の健康を考えたものは少ないのでは ないでしょうか? 7427feaecd7c770f80161caae03b9261_s特にハイヒールは「美しく歩く」為に、 靴選び、姿勢の維持(首筋・背筋、膝を伸ばす) など覚えることや意識することも多く、難しい事 忘れてはいけません。

ほとんどの方は「猫背」「膝曲り」「お尻をふる」 などの状態になり、「カツカツ歩く衝撃」も相まって、 「おしゃれ」度を下げてしまっています。

残念ながらおしゃれ過ぎる靴は (長期的な)健康を考えると、 「たばこ」や「砂糖・炭水化物の採りすぎ」と 同じ(それ以上かも)くらい控え目にしてほしい アイテムです。

人間は筋肉、骨格、血行など、動きや生理的な連動・バランスで 歩行しています。 頭ではなく足指や足裏、足首が気持ち良いと感じる靴を 選択してもらい「足元」を見直すと、

からだの動きの改善、血流の改善、 (気づかないうちに蓄積していた)ストレスが減少し、

頭痛、肩こり、冷え症、便秘、腰痛、猫背、ストレス感、 骨粗しょう症、婦人科疾患、不妊症、O脚、膝関節症、癌など 発症リスクも減少します。

脱いだ時に、「ホッ」と解放された感覚が、 体がストレスを受けていた証拠であり、 素直なからだの声でもあります。

1920
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top