めりでめ

白色ワセリン副作用の出ない効果的な使用法、赤ちゃんにも


スポンサーリンク

私の家族はみなアレルギー気味なので(花粉症、乾燥肌など)
ワセリンを愛用しています。
ただ私の場合、髭剃りの後にカミソリ負けするのか
鼻の下(上唇の上)が若干赤くなり、
その上にワセリンを塗ると余計ヒリヒリするのです。

その部分(鼻の下)だけワセリンが合わないのかと
悩んでいましたが、基本的なこと(手順)が間違っていました。

ワセリン自体には薬効は無く、
ワセリンの油脂が皮膚をコーティングしてくれて
保湿の役割をしてくれます。

しかし、すでに皮膚の表面が乾燥してしまった状態に
ワセリンを塗ってしまうとしばらくは乾燥した状態を
維持することになり逆に症状が悪化したようになる
ようです。

私の場合も髭剃りが終わって(ちょっと)時間が空くとその部分が
乾燥していたのです。
傷ついて乾燥している肌の上にワセリンを塗っていたので、
塗った直後はヒリヒリしていたのでした。
af788cb12466a214d6cd36e1068ecf84_s今現在は朝洗顔や髭剃りをした後は、水(水道水です笑)で

十分湿らした(濡らした)後のみずみずしい(?)肌に、
ワセリンを伸ばして塗っています。
※消毒用アルコールが使用されている商品で拭いたりすると逆効果です。

まったく同じワセリンを使っていても、塗る手順を
間違えると、効果(結果)が全然違うのですね。

洗顔(髭剃り)→加湿(皮膚表面の水分補給)→保湿(ワセリン塗布)
この流れが大切でした。
加湿には特に化粧水などは(私の場合は)必要ないようです(笑)

おかげさまで朝のグルーミングが怖くなくなりました♪

※たまにワセリンは石油から作られているから肌に良くない云々
という話が聞かれますが、茶のしずく事件(小麦成分・加水分解コムギを
石鹸素材に使用した事によるアレルギー疾患・アナフィラキシーショックの発症)
のように植物由来の成分だから大丈夫(国が認可していても)とも言えないようです。
植物成分だからお肌に安心・安全という宣伝している商品は、逆に、
アレルギー疾患やアナフィラキシーショックに注意が必要です。

2666
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top