めりでめ

誰でも今より小顔になれる!私はかわいいから卒業する?


スポンサーリンク

巷にあふれる小顔になるエステや療法、商品ですが、残念ながら…

高いお金を払う価値はありません!!

多少の効果があったように見えても、血行やリンパの流れが一時的に改善され、「ちょっと」寸法が変化しただけで、生活パターンが改善されなければすぐに(半日で)施術前の状態に戻るからです。
料金やお値段もそこそこ良心的で、施術が
気持ちよければ自分へのご褒美として悪くはないと思います。

実は確実に顔を小さく見せる方法があるのです。

それは、

肩と腕(上腕三頭筋)の 筋肉トレーニングです!!

「えぇ~っ、やだっ!無理ぃぃ~」という声が聞こえてきそうですが、私は本気(笑)です。

身長180センチの長身の人でも、さらにデカい200センチの人の横に立つと小さく見えるように、体の視覚的サイズというのは相対的なもので、顔だけを小さくすることは無理でも、肩幅(腕の外側)が少し広がることで顔は小さく見えるのです。

とりあえず方法は一種類だけ、ご紹介。
腕立て伏せ(プッシュアップ)

セレブは腕立てが好き?

セレブは腕立てが好き?

※手をつく幅を広くしたり狭くすると刺激をうける筋肉が変わります。
筋力が弱い人は膝をついてやると良いでしょう。
10~15回を1~3セットを目安に、腕立て伏せを週に2~3回行うと、
胸や肩、二の腕(上腕三頭筋)の筋肉が発達します。
※女性は簡単にムキムキにはなりませんのでご心配なく。

サイドレイズで肩の外側の筋肉をトレーニングするのもおススメです。

適度な筋肉の発達は、20歳以降に減少し続ける成長ホルモンの分泌を促進し若返り(老化スピードを遅くする)効果もあります!
ec287d3fcebb93de24b4416b389a334c_s欧米で日本女性(男性)が若く見られるのは、鼻の低さと体の貧弱さで大人の女性に見えないからです。欧米の方は肥満者も多いですが…

男女とも25歳以降は細いだけの体より、やや筋肉質なボディを目指しましょう。
結局はそれが貴女(貴方)の若さと美貌の維持、そして小顔につながると思いますよ!
35歳からの美女の筋トレ (知的生きかた文庫―わたしの時間シリーズ)

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top